まっどぽったーコネコネ日記

陶芸でいうと素焼き前

何度も同じ本舗を読む人にまたもやマタギブームが訪れた!
C0766988-40A2-40C2-AC69-CAB576B91B6E
熊谷達也先生の邂逅の森。
明治の終わりから第二次世界大戦の前ぐらいまでをマタギとして生きる富治が主人公。
秋田県の阿仁マタギの生活やマタギ言葉、山神への祈り、獲物のツキノワグマやカモシカ、東北の温泉の事なんかがよくわかる。
セリフは秋田弁で思わず音読したくなるね。
ちゅーかしたね!

子供の頃読んだ田川幸夫先生の「高安犬物語」からマタギは孤独に猟犬と一緒に狩りをする人と
思ってたけど、この物語は昭和初期のはなし。

マタギはもっと古い江戸時代からの狩猟集団。
北海道から長野県辺りまでで、集団で猟をして熊やカモシカ、サルやウサギをとって生活してたんやね。

相剋の森、邂逅の森、氷結の森はマタギ三部作で超☆オススメです。
F025FA45-9E28-411D-B835-8A45EF112BF8
代表的な獲物だ。
イタズ(ツキノワグマ)とアオシシ(日本カモシカ)。

CFB7ECA7-C3CA-49DB-8FC9-1647E3310940
マタギスタイルのブルースウィルスさんと、志村後ろ後ろ!

今日もクリックよろ。



 
人気ブログランキング

コロナ鬱っていうのかしら?
自分のインスタの写真を遡ってみてると、ほんの3ヵ月ほど前なのに、飲み会して、遊びに行って、旅行に行って、イベントにはたくさんの人。
マスクは欲しい時に買えて、エストローヤルのシュークリームも買いに行こうと思えばいつでも行けて、焼肉食べに行った後パフェで締める。

20年ほど前はそんなん当たり前やったんやで、とか語り部として子供達に語るワタシ。
モニター越しに。
おばあちゃん嘘ばっかり!
そんなんウィルスめっちゃ感染るやん!と笑う子供達。
モニター越しに。 

そんな妄想してたら悲しくなってきて、引きこもりが得意な陶芸人も悲観的になり気力も萎える。

E46E9B3A-B0AA-4515-ACA6-F3D4B4319442
なのにこんなオモロイ絵を描いてしまう悲しい陶芸人のサガ!
海産物一家のおかっぱ海藻ちゃんとフィッシュ兄さん。

F0B38CC5-E01B-4C18-9582-477962F86409
シェル姉さんとマザーシップとミスターウェイブ。
ミスターウェイブには最近ドラえもんになったブルースウィリスさんを召喚しました。

あ〜、スペインやイタリアにウキウキと旅行に行ける日はいつくるのかしら?
とりあえずクリックでも。


 
人気ブログランキング

いよいよ陶芸猫の陶芸教室(?)最終回です。
D5227844-5043-4CCF-A2EE-F5E307A7232A

本焼き
1280度ぐらいまでゆっくり上げて自然に冷まします。
この温度は使ってる土とか釉薬によって変わります。
ものすごく繊細な材料使って繊細な技法を駆使して作品を生み出す作家さんも
いてはりますが、私はこの辺こだわりないです。
あ〜、電気窯があって良かった❤️
電気窯とインターネットのお陰で陶芸猫は陶芸できるのです。
ホンヤキングは時間かかるし、その間する事ないので陶芸猫の至福の時間。
お茶しばいてタコ🐙でも食べてのんびりします。

その間に次の粘土こねとけ!って思うよね?
場所がないんです。
前に焦って次の作業してしまったら窯から出したブツを置くとこなくて難儀しました。
陶芸って意外とスペース必要。

はいっ!先生いま大事な事言いましたよ〜。
ここテストにでますからね〜。知らんけど〜。

9987EF0A-3421-41D2-8573-BAA0B9A0A3EC

窯オープン♪
窯が冷めたらブツを取り出します。
急いでる事が多いので150度きったらアッツ!アッツ!言いながら取り出してること多いです。
良い子は室温まで冷まします。
一度気が狂って400度ぐらいで出そうとしたことあったけど、さすがにヤバかった。
ピンピンと貫入入る音がして恐怖!
私の作品的に貫入は敵やからね〜。
そして何より熱い!←当たり前

取り出したら高台のザラザラをメッシュやすりとスポンジヤスリで擦って完成です。

陶芸猫の顔みたらわかると思うけど、この作業もめんどくさっっ!と思いながらやってます。
嫌すぎてイベント会場まで持ち込み、自分を追い詰めてやる時もあるぐらい。
陶器市なんかで無の顔で器の底をスリスリしてる陶芸人、それは多分ワタシ。
ガラスの仮面でマヤがオオカミ少女の表情を掴んだ時のシーンとか思い出して頑張ってます。

あ、そんなんわからん?
ガラスの仮面、何回読んでも感動する作品なのでぜひっ!

クリックもぜひっ!

 
人気ブログランキング

↑このページのトップヘ